ブログネタ
2012 に参加中!
レッドカーペット舞台
 雨の中、「2012」のジャパンプレミア試写会に行ってきました。映画のタイトルにちなんで、TOHOシネマズ六本木を貸しきって、2012人試写会だそうで。


 ちゃんとしたレッドカーペットイベントは随分久しぶりです。去年「チェ」で簡易レッドカーペットで猪木やブレイク前のオードリーを見ましたが、デルトロ見れんかったし。

 
 ちゃんとしたレッドカーペットは、「イルマーレ」以来です。六本木でのレッドカーペットは、「バットマン・ビギンズ」を含めこれで3回目です。


 もうこの時期のレッドカーペットは寒いですねー。しかも、雨なんでなおさらです。
 しっかし、運営の手際悪かったです。チケット引換時間ギリギリに行ったんですが、一向に列が進みません。傘さして並ばさせられるのが、凄い嫌。もう謎の待ち時間が長すぎて、レッドカーペットイベント前にくたくたです。

 手際が悪いのか、混乱しないよう順次に人を入れてるのかとっちか分かりませんが、せめてなんで待たされてるのか説明欲しいです。


 あと、レッドカーペット参加者に2012のナップザックが貰えるとのことでしたが、貰えませんでした。別にいらないんですけど、先着何名までとかは書くべきかと。




 と、イベント開始前から不満ありまくりな状態でしたが、ほぼ時間通りに始まったのでよしとしましょう。過去の経験からレッドカーペットは大抵俳優が来るのが遅くて開始が遅れる、とのことだったんで。


 まず最初は、日本の芸能人から。登場したのは、欽ちゃん、神田うのさん、江原啓之さん、ソフトボールの上野選手。やはりレッドカーペットに来る日本の芸能人って、どうも微妙です、どういう人選なのかが物凄い謎です。映画との関連性がないのが確実。

 
 さて、レッドカーペットの醍醐味といえば写真撮影OKなんですが(遅くいったのでサインを貰える位置は確保できません)、何故か撮影禁止で係員が物凄く目を光らせて注意しに来るじゃないですか。

 「レッドカーペットなのに撮影禁止ってありえんわー」とまたイライラが再発。まぁ、申し訳ないが別に撮りたい方じゃないんでいいですけどー。



 日本の芸能人のレッドカーペットは、そのまま歩き去るのが普通なんですが、今回は舞台上に上がってちょっとしたイベントを行いました。

 TSUTAYAのアンケートで、「今後に残した映画、本、音楽。最後に一緒にいたい人」というのがあって、それぞれのランキング1位を1人ずつ発表していきました。

 映画は「タイタニック」、本はハリポタ。音楽は、マイコーの楽曲で、一緒にいたい人は恋人という結果でしたとさ。




 そんなそれほど盛り上がらないイベントを終え、いよいよ本命の登場です!!

 
 といいましても、実は私今回来日する俳優、ほぼ知らないに等しいんですよね・・・。監督が、1番知ってるという。何気に去年「紀元前1万年前」でも舞台挨拶で見てるんですよね。主演の方は、今回どうよう知らん方でしたけど。 


 先ほどまでは、撮影禁止でしたが、どうやらハリウッド俳優は別に良いみたく、係員も注意しません。なんで日本の芸能人撮影しちゃダメなの?謎だ。
 
ジョン・キューザック
 まず最初に来たのが、ジョン・キューザック!主演が1番最初です。名前は聞いたことあるような感じなんですが、作品が全くでてこない・・・。恐らく出演作は見てるんでしょうがねー。ちょっとトム・ハンクスに似た印象でした。


アマンダ・ピート

 お次は、キューザックの奥さん役、アマンダ・ピート。存じ上げない方ですが、流石女優さん、お綺麗です。日本初来日だそうです。


ローランド・エメリッヒ

 そして、監督ローランド・エメリッヒ。ファンに親切で、何度も戻ってサインをしてました。


リアム・ジェームズ&モーガン・リリー

 キューザックとピートの子供役、リアム・ジェームズとモーガン・リリー。かわいいとの評判。



家族勢揃い




モーガン・リリー挨拶

 リアムとモーガンは、子役なのに流暢に挨拶をします。流石ハリウッドの子役!


キューザック挨拶

 舞台では、2012年にメッセージを届けたい人への手紙を1人ずつ発表。


欽ちゃん出てきた

 途中から欽ちゃん参戦。そういえば、欽ちゃんは映画は「ジョーズ」以降見てないとか。


風で雨が舞台に・・・。

 写真では分かりませんが、屋根つきの舞台も風でものっそい雨が吹き込んでます。

フォトセッション




タイムカプセル、フェードアウト



おわり

 この後、また舞台挨拶あります。


綺麗なけやき坂のイルミネーション

 もうイルミネーションの季節です。



ポッチットナ