ブログネタ
イタリア に参加中!
トリトーネの噴水

●2日目 2009年8月30日(日) 午前(イタリア日付)

 とりあえず、目の前のバルベリーニ広場にある「トリトーネの噴水」を撮影。アンデルセンの「即興詩人」に描かれたというごっつい噴水なんですが、水を噴出しておりません。噴水なのにこれ如何に?

 丁度止まってる時間なのかと思いきや、待てども水の出る気配なし。迫力がある噴水だけに、水が出てないとなんとも寂しい感じがします。

 今後の行動を考えながら、ふかーい地下鉄駅まで行きましたが、結局電車には乗らず再び地上へ。ここまで来たのなら、あそこへ行くしかないと。


※この先心臓の弱い方は閲覧注意です。


ローマ
バルベリーニ広場にあるなぞのオブジェ
 この付近には、是が非でも行きたい教会があるのでいっそさっさと行くのが良いという考えに至りました。

 今度は方向を間違えないようガイドブックの地図と何度も周辺を見比べ、いざ目的地へ。ローマで最もエレガントな通りとガイドブックに書いてあるヴェネト通りへ。



蜂の噴水
 するとここにも噴水があります。「蜂の噴水」です。噴水というには、少々こじんまりしていて、水も湧き水のようにチョロチョロ出てるだけです。

 しかし、水に触れるとひんやりしていて、この炎天下には癒しの水です。手を洗っていると初老の男性が、水を飲んでいるじゃありませんか。そう、この水飲めるんですよ。

 暑い中歩いたので、喉も渇いておりより美味しく飲めました。

 後々知ることになりますが、ローマにはこういった飲み水が湧き出てるスポットが多数あります。その水をペットボトルに入れて持ち歩くのが当たり前の光景なんですよ。

 海外の水って日本に比べたらキレイじゃないイメージがあるんですけど、これは以外でした。この水はかなりお世話になりました。これのおかげでミネラルウォーターを買う必要がありません。

 ちなみに一切腹は下しませんでしたぜ。まぁ、売られてる水ほどキンキンに冷えているわけじゃないんで、冷水が欲しい人は物足りないかも。


 喉を潤した後は、いよいよ目的地。少し歩くかと思いきや、「蜂の噴水」からすぐ近くでした。



サンタ・マリア・インマコラータ・コンチェツィオーネ教会
  私が是が非でも行きたかったのがここ。

 一見普通の教会、サンタ・マリア・インマコラータ・コンチェツィオーネ教会!正直長くて覚えられません。発音も難しいし。

 なので通称で表記します。通称「骸骨寺」。もろ日本語なんですが、そう、ここには約4000人のカブチン派の修道僧で作成された納骨堂があるのです。

 メタル好きとか関係なくなんか髑髏に惹かれるんでガイドブックで発見した瞬間、絶対行くぞって思いました。

 行くぞ!って思いましたが、詳細部分はちゃんと読んでなかったので、てっきり骸骨で建てられた教会なんだと思ったら、納骨堂だったんでちょっとがっかり。

 しかし、そのがっかりも中に入ってみれば直ぐに吹き飛びました。

 見学は無料となってますが、献金するしきたりになってるということで、払わざるをえません。でも、払って損はしません。あと女性の方、ノースリーブでは入れません。まぁ、なんか羽織ればいい感じでした。



001
 内部は撮影禁止。色々撮影したかったんですが、骸骨なだけになんか写ってたら嫌なので禁止で良かったかも。その代わりポストカードが販売されてますんで、その写真をアップします。



002
 もう見渡す限りの骨、骨、骨。思えばこれほどはっきりと形のある骨を見るのは初めてかもしれません。

 祖父やペットの犬のジローを火葬した時、遺骨に骨壷を入れたことがありますが、最早骨と言われないと分からない破片ものでしたし。

 それが、いきなり4000人分って・・・。なんとも言葉に表しにくい気分になります。



003
 
 頭蓋骨のみでなく、全ての骨を使ってるようです。どこの部位か分かりませんが、骨のアートといっていいんでしょうか。1626年にできたらしいんですが、思ってたほど骨って頑丈なんですね。下の方の骨は潰れないんでしょうかね?



004
 枢機卿バルベリーニの依頼で建てたそうですが、そうなると修道僧はこのために亡くなったといえるんじゃないでしょうか。

 気のせいか子供サイズもある感じがするんですけど・・・。これが宗教なんですかねー。流石にこの辺は理解できません。


 ちなみに、上には普通の教会があります。

 もっと骸骨を見たい人はこちら。
 内部が人骨で埋め尽くされている教会の写真いろいろ


 骸骨寺の次に向かう先は、案外ここから近いスペイン広場へ。システィーナ通りを、オベリスクを目印に進みました。(目印も何も真っ直ぐの通りなんですけど)


 バルベリーニ駅から地下鉄で1駅。思えば地下鉄乗り放題なんだから、体力温存の為にも地下鉄乗れば良かったと書いてる今後悔。

 まぁ、せっかくのローマですから暗い地下鉄なんかよりは、ローマの街並みを堪能できるから別いいんじゃないかと。

 そもそもこの時点で地図が頭に入ってないから、スペイン広場の近くに駅があることも知らないでしょうに。



・旅行記3へ

・旅行記5へ


ポッチットナ