IMAXシアターが川崎に出来たので、「トランスフォーマー・リベンジ」をそこに見に行きました。あと他に埼玉と大阪にもありますが、地名が読めません。まぁ、行かないのでどうでもいいですけど。


 IMAXシアターとは、詳しくはウィキペディアを見くださいなんですが、簡単に言えば、通常の映画より、より大迫力に映画が見れる映画館っつーことです。



 私のIMAX経験は、2000年9月新宿のテアトルタイムズスクエアで見た「マイケル・ジョーダン トゥ・ザ・マックス」が初。9年前なんで正直あまり記憶にないんですけど、ジョーダンがやたらでかかったのを覚えてます。なにせ、縦18m横25mの大画面でしたから。

 ちなみに、テアトルタイムズスクエア自体は、現在も映画の上映をやってますが、もうIMAXではありません。スクリーンサイズも8.5m×16mと縮小しちゃいました。それでも、一般の映画館よりはかなり大きいですけどね。



 
 2回目は、2005年6月にメルシャン品川アイマックスシアターで「バットマン・ビギンズ」を見ました。4年前なんでそん時の記事があります。

 しかし、ここも残念ながら2007年3月31日に閉館しちゃいました。これ以降日本でIMAXを見れる映画館がなくなっちゃいました。



 でも、私はその後1回だけIMAXシアターを経験してます。正確には映画じゃないんですが、それはカナダのナイアガラでナイアガラの滝に関する映像を見たときです。

 ここはまだあると思いますんで、訪れた際は是非。



 そんなこんなで長らく日本から姿を消していたIMAXシアターが2009年6月19日に復活したので、22日に有休とってわざわざ川崎まで見に行きました。

 平日の真昼間だというのに、見やすい真ん中辺りの席は1時間前ですでに完売状態。仕方ないので端っこの方へ。


 料金はIMAX価格で2000円と、ちと高額。映画の日等の割引は一切適用されないそうですが、前売り券を持ってるなら差額の700円を払えばよいとのこと。



 そして、いよいよシアター内へ入場。その時の第一印象は、

 「あれ?スクリーン小さくね?」

 シネコンだからもしかして、入るとこ間違えたと思い1回出て確認したんですが、あってました。


 劇場サイトではスクリーンサイズが非公開なんですが、どうみてもIMAXにしてはスクリーンが小さすぎる。IMAXを3度見てる私の目はごまかせませんって。

 他の方の感想を探ってたら、やはり同じような声が。この人は、丸の内ピカデリー1と同じくらいと言ってますし。

 同じかどうかまでは、分かりませんがテアトルタイムズスクエアや、TOHOシネマズ六本木(8.4m×20.2m。都内で1番でかいと思う)の方が断然大きい思います。


 また座席も、IMAX特有の傾斜が急(前の座席の人の頭の位置は足)なスタジアム型ではなく、普通の映画館と同じ。


 鑑賞前から本当にIMAXなのか疑問でした。



 で、鑑賞した感想なんですが、やはり「本当にIMAXだったのだろうか・・・」という感じ。「トランスフォーマー」自体最高レベルの映像なんで、迫力に関しては申し分ないんですけど、イマイチ納得できません。「トランスフォーマー」自体面白かったんですが、どうもそのことか引っかかってすっきりしません。

 音響も、体の芯に響いてくる感じじゃなかったですし。


 IMAXが初めてという人は、満足行くかも知れませんが、過去に新宿や品川で体験したことがある人は、不満なんではないでしょうか。


 川崎以外はどうなのか良く分かりませんが、恐らく川崎同様に元が普通の劇場をIMAXにしたように思えるので、同じかと思います。


 やはり最初からIMAX用に劇場を造るべきかと思います。これだったら、六本木のスクリーン7で見るほうが良いかと。料金も普通だし。

 「ハリポタ」も見に行こうかと思ったんですが、やっぱいいかなー。


 品川の復活を希望します!!