ブログネタ
NBA に参加中!
プレイオフでもスーパーマンになれるか?


 1-1で舞台をオーランドに移したカード。

 マジックつながりで、癌と闘病中(HCがスーツの胸に着けているCDのバッジはチャック・デイリーのこと)のチャック・デイリーが亡くなられたそうです。ご存知バッドボーイズを率いてデトロイトでバック・トゥ・バックを達成し、ドリームチーム1のHCでもあります。

 デトロイト時代は、まだNBAを見ていなかったので、実際に采配を見たことあるのは、マジック時代ですね。ペニーがバットボーイズになってしまうのかと心配になりましたが、あまり良い成績を残せず2シーズンで去ってしまいました。

 できれば、またどっかのチームを率いて欲しかったんですけど、結局そのままかえらぬ人となってしまいました。非常に残念です。


 ご冥福を祈ります。

 

 
セルティクス 18 23 28 27 96
マジック 22 31 25 39 117


 ビッグ2が活躍しなければ、セルティックスに勝ち目なし。ピアースは27Pとってんですけど、結構外してた印象が強いので、いつの間に?って感じです。

 レイに至っては、3P5本全て外して、8P・・・。

 
 ゲーム2で大活躍のハウスは、好調ぶりを維持してるようですが、ゲーム2ほどの活躍は見られず。


 なんつっても、セルティックスのインサイド陣がハワードを止められません。みんな揃いも揃ってファウルトラブルになる始末。


 そのハワードですが、昨日見たレブロン程じゃないにしろ、アンストッパブルな活躍でした。まぁ、ハワードもファウルトラブルであまり出場時間なかったんですけど、オフェンスでは見事なフックを披露したり、ディフェンスでは見事なブロックをかまします!


 そして、ルイス、ターコルーのF陣が外から決めれば、もう手が付けられません。

 オルストンの代わりにスターターをつとめたAJもなかなかの活躍でした。


 勢い的には、なんかマジックが行きそうな感じなんですけど、プレイオフのセルティックスの強さはイマイチ分からんので、これまたゲーム7まで行きそうな予感。しかし、このカードがゲーム7まで行って、一方キャブスはもうすでにスイープしそうな勢いなんで、キャブスは余力たっぷりじゃーないですか。



 さて、ついでにウェストの方なんですが、ヤオ骨折!!もう誰もがロケッツはシーズンエンドだと思いますね。つか、ロケッツのこのケガっぷりは呪いですか?考えられるとしたら、オラジュワン、ドレクスラー、バークレーのビッグ3でチャンピオンになれたかったバークレーの呪い?


 そして、ナゲッツはメロの残り1秒のFGで王手!こちらももう決まりでしょう。次のゲームはマブスが勝ちそうな予感がしますが、それでも今回の勝ち方で流れは完全にナゲッツですよ。

ポッチットナ