アイポバカはnanoを使用してるようですね


バーン・アフター・リーディング 259本目 2009-20
上映時間 1時間36分
監督 ジョエル・コーエン  イーサン・コーエン
出演 ジョージ・クルーニー  フランシス・マクドーマンド  ブラッド・ピット ジョン・マルコビッチ ティルダ・スウィントン 
会場 新宿ピカデリー


評価 5点(10点満点)

 「ノーカントリー」で昨年度アカデミー作品賞を受賞したコーエン兄弟の最新作。豪華キャストを使って色んなバカが出てくる作品。

 確かにあんなブラピ見たことねぇ!


 普段シリアスな演技をしている俳優達のコミカルな演技は面白いのだが、爆笑というよりはブラックジョークに近い感じで、内容が意味不明ではないが、イマイチ分からん。
 

ポッチットナ

 
 ストーリーがよく分からんわけじゃないんですが、正直イマイチ。こんだけ豪華なキャストを集めて、それぞれが面白いキャラクターだというのに・・・。

 
 ブラピのキャラは好きですね。特にアイポでノリノリのところはかなりバカっぽくって最高です。ただもうちょっとバカでも良かったかなと。結構普通の弱気な青年って感じが随所に感じられましたので。

 しかし、まさか殺されるとはねー。しかも、ジョージの兄貴に!ブラックにも程がありますよ。


 マルコビッチさんはファック連発しすぎです。多分からのせいでPG12なんじゃないでしょうか。つか、なんでCIAが務まるのか疑問です。


 ジョージの兄貴は「シリアナ」の時と同様にヒゲがないほうがやっぱりダンディですね。


 なんだかんだで、最終的に得してるマクドーマンド。整形の為に、国の情報をロシアに売ろうとするなんて、愛国心の欠片もないですね。半端ねぇです。