ニコ中なのかな?

少年メリケンサック 243本目 2009-4
上映時間 2時間5分
監督 宮藤官九郎
出演 宮崎あおい  佐藤浩市  木村祐一  田口トモロヲ  三宅弘城  ユースケ・サンタマリア  勝地涼  ピエール瀧
会場 TOHOシネマズ府中


評価 7点(10点満点)

 クドカン脚本、原作、監督作品のおっさんパンクスとそのマネージャーが全国ツアーで繰り広げる爆笑ムービー。

 なんと言っても宮崎あおいさんにつきます。社長とはしゃいだり、彼氏といちゃいちゃするなどかわいい表情が見れたと思えば、バンドメンバー達に激しくブチ切れたり、泣いたりと本当色んな表情が見れます。宮崎あおいさんの魅力全開の映画といっても過言ではない?

 でも、下ネタ攻めにあうのも正直大丈夫なのかな?って思いました。

 
 パンク映画ということで、音楽の方は・・・。歌詞が放送禁止です。まぁ、パンクにテクを求めてはいけないそうですし、私自身パンクは聞きませんので・・・。でもTERUYAは良かった!


ポッチットナ
 メタラーな私はパンクに一切惹かれないんですが、(メタラーは基本メロディやギターの超絶テクが大好きなので。でも一時期オフスプとか聞いてました)おっさんパンクスいいと思います。還暦で第一線でヘヴィメタルやってる方もいますから!

 
 でも、確かに今の日本にあんなハジけたバンドいませんよね。つまらんです。つっても、日本の音楽は最早何も知りませんし、インディーズとかにはいるのかもしれませんけど、やはり普通にメジャーでぶっ飛んだバンドがいないとダメですよ。


 しかし、新人発掘ってネットの動画で発掘ですかー。まぁ、確かにニコ動でもすげーテク持った人達がいますから、今の時代ありだと思うんですが、普通にライブハウスとか行けよと思ったりも。そら菓子食いながら動画見てるなんて、派遣切りにあいますよ。

 

 イマイチ少年メリケンサック誕生の瞬間がよく分からんかったです。なんで、ヤングの頭の傷を付けたのがジミーなのに仲良くバンド組んでんの?

 あと、急にマシなライブを出来るようになった過程をもうちょっとちゃんと見せて欲しかったです。



 ジミーさん、面白過ぎですわ。まともに喋れるですやん!しかし、パンクはまともじゃあかんですね。農薬飲ませろって、大問題ですね。25年前だったら普通にOKだと思うんですが、全く規制ばかりの世の中です。

 
 最近会社のイベントで、生田口トモロウさんの生プロジェクトXのナレーションを聞いたんですが、ギャップありまくりですね。つか、エンドロール見るまで普通に分かりませんでした。
 

 佐藤浩市さんは、「マジック・アワー」でコメディな役を見せてくれましが、こっちではイマイチあってない感じでした。主に髪型?


 木村祐一さんの若かりし頃、似てなさ過ぎる。

 かんなの彼氏の歌の「さくら〜、さくら〜、桜新町」が一番受けました。なんせ昔済んでましたからー。



 それにしてもユースケ・サンタマリアさん、羨まし過ぎるぜ・・・。