猟奇的な佐藤
ザ・マジックアワー 216本目 2008-22
上映時間 2時間16分
監督 三谷幸喜
出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行 小日向文世 寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎 浅野和之 香川照之
会場 TOHOシネマズ府中


評価 7点(10点満点)
 
 三谷監督の映画4作目。監督本人が宣伝しまくり。

 今回も大爆笑ってのはないが、ちょくちょく笑えるシーンがあり楽しめます。なんといっても佐藤浩市さんが面白いっての。

 それにしても、ちょい役にしても出演俳優が豪華です。まさか、前作に出演したあの人も・・・。そういうのに凝るのもいいんですが、この手の映画は2時間以内に収めて欲しかったです。
ポッチットナ




「有頂天ホテル」の感想
「笑の大学」の感想

 とりあえず、「有頂天ホテル」よりは面白かったですが、私の中での三谷監督作品の1番が「笑の大学」であることには変わりはなかったです。三谷監督が、番宣にでまくろうが、本人が最高傑作と言おうが・・・。
 
 
 なんといっても佐藤浩市さんの演技ですね。真剣にやればやるほど面白い。デラ富樫の最初のシーンの3連続は面白かったです。そして、最後の本物のデラ富樫のシーンはかっこよかった!

 妻夫木さんは、なんというか申し訳ないんですが、コメディには合わない感じがしました。

 何気にお気に入りなのが、寺島進さん。相変わらずヤクザの役がお似合いなんですが、彼の勘違いっぷりが最高です。

 逆に、西田さんのヤクザは似合わないですね。体系的にはボスっぽいんですけど。前作がクネクネダンスだけに余計です。

 
 ストーリーも良かったです。ばれるでしょっ、て状況でも偶然でうまいこと噛み合ってしまう。でも銃撃戦はありえん・・・。


 しかし、本当ちょい役にしても俳優が豪華です。出演料が不安になるくらいです。
 
 まさか、香取さんが「有頂天ホテル」での役のまま出演してるなんて!!これは次回作でも是非やって欲しいですね。まぁ、必ず前作を鑑賞しないと楽しめませんが・・・。