643559a6.jpgつぐない 211本目 2008-17
上映時間 2時間3分
監督 ジョー・ライト
出演 キーラ・ナイトレイ ジェームズ・マカボイ シアーシャ・ローナン ロモーラ・ガライ
評価 7点(10点満点)
会場 スバル座


 今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見よう、その4。「つぐない」です。しかし、今年のノミネート作品は重いのばっかですね。



 正直内容は全く知らず、キーラが出演してるくらいしか情報がなかったんですが、とりあえず、これまで鑑賞したノミネート作品の中では、1番かと。
 ブライオニー、なんて恐ろしい子!まぁ、子供でしたんで嘘をつくのも分からないでもないんですが、ポリス沙汰の嘘はやりすぎかと・・・。でも、見られたらいけないことをするなら、ちゃんと鍵をすべきですよ。

 そして、それが最悪の結果になろうとは・・・。謝りに行ったシーンも、実は想像だったなんて・・・。実際は戦地で死亡なんて、悲惨過ぎる。


 本を書いたからって、償いができてるかとうかは分かりません。結局誰も幸せになれなってないです。あの夜襲われた女の子が、襲ったヤローと結婚してるのも幸せなんだろうか?もしかして、最後の本で暴露されているとか?


 今年のアカデミー作品賞ノミネート作は、作品としては良いんですが、鑑賞後あまり良い気分になれないのばっかですよ。


 それにしても、ブライオニー3世代はみなそっくりですね。特に2世代目なんて、本当そのまま子供ブライオニーが大人になったという感じです。


 ジェームズ・マカヴォイは、すっかりタムナスさんの印象が消えました。ナルニア2にも出演してないそうですし。
ポッチットナ