ブログネタ
ヘヴィメタル/ハードロック に参加中!
メイデン 前日のハロウィン&ガンマ・レイの興奮冷めやらぬまま、翌日はアイアン・メイデンのライブです。仕切りなりの1万人のスタンディングライブです。(人数は後日知り、かなりビックリな人数)

 
 メイデンは「A Matter of Life and Death」ツアー以来2年振り。前回は新作完全再現ということで、過去の名曲を聴くことができず、少々残念でした。

 前回のライブレポ

 しかし、今回は過去の名曲のみ!!こらスタンディングだろうが行かないとアカンて。

 
 しっかし、幕張メッセは遠いよ。つか東京駅の京葉線乗り場も遠いな!ここですでに何人かのメイデンファンが発見できました。

 メッセはラウパ以来2度目です。だけど、メッセでスタンディングってのがあんま想像つかず、結構不安。


ちなみにセットリストは予習しときました。まだ知らない曲とか結構あるんで。ちゃんとアルバム7枚をレンタルし、しっかり予習。BSで放送されたライブも見ましたよ。ヤニックがおらん時代でしたが。

 見てて思ったんですが、ブルースのロン毛はマジ似合わんと思います。仮にロブ・ハルフォードがロン毛になったとしても断トツかと。


 さて20分程前に会場に着きましたが、いきなり困ったことに。コインロッカー空いてねー。端から端まで往復しましたが、一個たりと空いてません。

 これは荷物抱えて見るしかないか、と諦めかけてもう一度メッセの案内図を見てロッカーを探したところ、入口広場の隅っこにあるのを発見。決して走らず(体力を消耗するから)に急いで、その場へ行くと空いてるロッカーありましたぁぁぁ!!!

 これで心置きなくライブが楽しめるぜ!しかし、ロッカー探しで随分消耗してしまいました。気付けば開場時間過ぎてるし。


 急いで入口に向かうと、既に入場が開始されていた。と思いきや、さらに中で待たされることに。

 チケットはPRTの先行予約でゲットして800番台後半。つかほぼ900番台。先行だからもっと早い番号が取れると思ったんですが、先行予約の日がハロウィン/ガンマレイの日と同じで、先にそっちのほうを取ったからこんな番号になってしまいした。

 中に入れたと思ったら待たされるので、先にグッズでも買おうかと思ったら、入場してからじゃないと買えないし!!

 それにしても会場スタッフ手際悪過ぎー。アナウンスも良く聞こえず、「きこえねーぞー!!」って野次がとんでました。
 
 あと、1万人規模のライブで10番ずつ入れるなんて・・・。番号後ろのほうの方は確実にローレンに間に合ってないっすね。

 でも、入場してしまえば、なかなか人が入ってこないのでのんびりグッズ購入やトイレにも行けるってもんですよ。



 結局入場できたのは16時半くらい。すぐにグッズ売り場に直行。すでにLサイズのTシャツは売り切れていました。Eddie BandagesのLサイズが残ってたのでそれを購入。

 しかし、5000円は高い。心なしか昨日かったハロ・ガンマコラボT3500円よりも生地が薄い気がします。

 あと中にクロークがありましたね。あるなら先に言ってくれっての。あれって無料だったんですかね?よく見てないんで。


 そしていよいよ会場へ。後ろに食べ物の屋台があるのが変な感じ。ラウパの雰囲気を思い出します。

 既に最前はうまってるのかと思いきや、端っこのほうが開いてました。前から3列目くらいと最前も最前をキープ。


 17時になり、前座が登場。スティーブ・ハリスの娘、ローレン・ハリスです。前回の来日でも来ましたが、あの時は開場ギリギリに行ったんで、今回が初ローレンです。

 結構細くてルックス的にもそんな悪くないですが、いくらスティーブの娘だからって、メイデンファンが好きになるかと言われると、そうでもないと思います。普通のガールズロックです。一部の外人さんからはブーイングされてました。


 
 5曲くらいプレイし終了。そしてセットチェンジ。ここで気になったのが、スタッフの中にハロウィンT着てる人がおった!!あれはダークライドのジャケTかと。多分見間違いじゃないはず・・・。


 
 セットチェンジが終わり恒例のUFOの「DOCTOR,DOCTOR」。前回もそうでしたが、メイデンが登場してもいないのに凄い盛り上がりだと思います。普通にサビとかで合唱するし!!


 そしていよいよチャーチルのスピーチが開始。それと同時スタンディング恒例の人の波が。その波に乗って前に行っても地獄しか待っていないので、前に行く人を受け流し、あくまでも当初の位置をキープ。

 流石に「ACES HIGH」は周りと接触しまくりでしたが、それ以降平穏でしたよ、本当に。接触しない程度のスペースを確保でき、プレスに抵抗する為の余計な労力を消費することなく、全精力をライブのみに使えました。


 こんな最前で安全に過ごせたのは初めてですよ。普通は考えられない。奇跡か!


 しかし、一方で最前ど真ん中は地獄だったそうですねー。そんな酷かったとは露知らず。 


 どれくらい最前かというと、多分「THE TROOPER」でブルースが振っていたイギリス国旗をステージ最前から伸ばしたら触れると思うくらいの場所かと。

 
 ちなみにデイブ側のほうでした。デイブ、エイドリアン、スティーブはかなり良く見えました。ブルースも気のせいかもしれませんが、こちら側に来る回数が多かったと思います。
 でも、ちょっと後ろに下がられるとブルースの登る台の壁で見えなくなります。


 その代わり、ヤニック、ニコは殆ど見れず。ヤニックは全くこちら側に来ず、終始反対側でしたので、チラ見程度しか確認できませんでした。


 ニコに至ってはドラムセットで全く見えませんでしたとさ。「RIME OF THE ANCIENT MARINER」の静かになるあたりで、立ってシンバル叩いたときに見えたくらいですかね。
 



セットリストは予習通り。もしかしたら順番が違うかも?

01 INTRO - CHURCHILL'S SPEECH
02 ACES HIGH
03 2 MINUTES TO MIDNIGHT
04 REVELATIONS
05 THE TROOPER
06 WASTED YEARS
07 THE NUMBER OF THE BEAST
08 RUN TO THE HILLS
09 RIME OF THE ANCIENT MARINER
10 POWERSLAVE
11 HEAVEN CAN WAIT
12 CAN I PLAY WITH MADNESS?
13 FEAR OF THE DARK
14 IRON MAIDEN


ENCORE

15 MOONCHILD
16 THE CLAIRVOYANT
17 HALLOWED BE THY NAME


 初期7枚からとのことですが、「FEAR OF THE DARK」はいってるんですけど・・・。でも、好きな曲なんで全然オッケー!!


 「IRON MAIDEN」では、エディが登場!!「SOMEWHERE IN TIME」仕様でレーザーガンを持ってました。そこから火花が出たりすると思ったんですが、何も出ませんでした。

 「HEAVEN CAN WAIT」のコーラス隊は、短かったですね。セーラー服にはびびった!


 まだ、メイデンファンとして日が浅いんですが、これ以上ない最高のセットリストです。「WASTED YEARS」にはまっている昨今。


 それと、サム・ダンが撮影してました。オーディエンス側のほうも撮ってたので、もしかして映ったかも。手が。


 何故か前日よりも声が最後まで出せました。ちょっと腹筋が痛くなりましたが。筋肉痛とかは別になかったですね。まーーたく運動はしてないんですが、最後までもった自分に驚きだ。

 しかし、やはり腰痛、股関節痛持ちということで、腰、膝が痛くなった。