ブログネタ
ダイ・ハード4.0 に参加中!
7b25e342.jpgダイ・ハード4.0 176本目
上映時間 2時間9分
監督 レン・ワイズマン
出演 ブルース・ウィリス ジャスティン・ロング ティモシー・オリファント クリフ・カーティス マギー・Q
評価 7点(10点満点)
会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7


 今まで続編物は、結構過去作品を見ずに鑑賞することが多かったですが、今回はちゃんと1〜3全部見ましたよ。でも、結構前なんであんまり覚えてません。そんなもんです。


 泣ける、感動する映画ばかりじゃなくて、たまにはアクションオンリー映画も観ないとね。これは絶対映画館で見ないとあきませんよ。ここんとこ土日出勤で映画館で映画が観れなかったので、よりスカッとしました。

 ちなみにインデペンデンスデイ前日の7月3日に見ました。
 もう、アクションに次ぐアクションで大迫力!今年公開の映画では1番ド派手な映画じゃないでしょうか。予告で何度も見ましたけど、車でヘリを落とすのは凄いですね。あと水で敵を落とすのも。単に体力だけじゃなく、頭脳を使うのが面白いです。


 でも、思ったんですけど、かなり死傷者とか出てるんじゃないでしょうか?その辺全くなかったんですが、少なくとも戦闘機が高速破壊するシーンは全体死傷者でてるでしょ!いくらテロとはいえ、街中でミサイル発射は・・・。


 つか、マクレーンはやってることが刑事のやる範疇を越えていますね。簡単に敵を殺害するし、建物の中で車で敵を轢いたり、戦闘機と戦ったり。結局ほぼ1人でアメリカの危機を救ったんで凄いっちゃー凄いんですが、FBIとかはダメダメですね。結局テロ対策とかちゃんとしてないじゃないかな?って思います。

 
 そしてなんといってもマギーQがかっこよかった。マクレーン並の不死身さ。多分マクレーンの娘が、将来こんな感じになりそうです。

 
 それにしても、サイバーテロってありえない話じゃないですよね。しかもサイバーテロって、軍事テロとか爆弾とか使うテロより、コンピューター知識さえあってマシンさえあれば簡単にできそうですからね。とりあえず、優秀な技術者は大切にしましょう。
ポッチットナ