ブログネタ
DVD・レンタル鑑賞レビュー に参加中!
74794a48.jpgラストゲーム(HE GOT GAME) 1998 166本目
上映時間 2時間14分
監督 スパイク・リー
出演 デンゼル・ワシントン レイ・アレン ミラ・ジョボビッチ ロザリオ・ドーソン レジー・ミラー リック・フォックス
評価 7点(10点満点)


 ソニックスのオールスータープレイヤー、レイ・アレン助演のバスケ映画です。

 スパイク・リーは映画監督なんですが、NBAファンにとっては熱狂的なニックスファンという印象です。映画好きの私も、この映画を見るまではそういう印象で、というか本当に映画監督?って感じてした。いっつもニックス戦を見に行ってるし。

 「マルコムX」など社会派で有名だそうですが、イマイチメジャーじゃないですね。ですが、この映画を見てやっぱ映画監督なんだなーと感じました。


 スカウトに関するストーリーなんで、今の日本野球界にとってタイムリーな映画ですわ。


 何気にキャストも豪華ですし。実は見るのは2回目なんですが、1回目はミラが出てるなんて分からなかったです。


 そしてやはり何人かNBAプレイヤーも出演しています。
ポッチットナ
チームリンカーン まずは、アレンの高校のチームメイトには、トラビス・ベスト、ジョン・ウォーレス、ウォルト・マッカーティ。ウォーレスとマッカーティは、当時ニックスだったので分かりますが、何故ペイサーズのベストが?まぁ、殆どバスケをしているシーンがないですけど。ちなみに今NBAに残っているのはアレンのみ・・・。


 お次は見学先の大学のスタープレイヤーにリック・フォックス。この人に至っては全くバスケをせず、モテモテというか女たらしな人でした。


れじ そしてアレンの紹介番組でインタビュアーとして豪華面子が登場!!シャッキール・オニール、チャールズ・バークレー、スコッティ・ピペン、マイケル・ジョーダン、そして我らがレジー・ミラー!!バークレー、ピペン、ジョーダンはほんの一瞬ですが、シャック、レジーは結構語ってます。

 他にも実際の有名大学コーチや、ジョージ・カール、ピッティーノ、ルーク・ウォルオトンが出演してます。


 時間が少々長く、ミラとのシーンは別になくても・・・と思いましたが、なかなかよい映画でした。ワシントン、バスケうまいですね。見た目、ジャバーに似てますし。実際にセミプロ級だそうで。しかし、結構大きいと思ってたワシントンも2メートルあるアレンと並ぶと小さいですね。彼の身長はアイバーソンと同じ183です。


 しかし、ワシントン役のキャラは問題ある人間ですね。何がそこまで厳しくさせるんだってくらいの厳しさですよ。一見刑務所に入ってから良い人になったのかと思いきや、本質は変わっていないですね。


 それにしても、実際にスカウトはあんなことしてるんでしょうかね?まぁ、日本の野球界でも問題になってますから、世界トップクラスのサラリーが与えられるアメリカバスケ界ではありえなくないですね。

 でも、市長まで動くのはどうかと・・・。

 実際金に目当てで高卒や、大学途中でNBAに入るプレイヤーも多く、消えてくプレイヤーも多いです。実際なかなか目がでない高卒プレイヤーもいますしねー。マイルズとか・・・。

 やはりスポーツ選手は、実力があるだけじゃなく、誘惑にも負けない人格者じゃないと成功できませんね。

 恐らくレブロンなんかは、これ以上のスカウト合戦があったろうと思いますが、高卒の一年目からNBAで活躍してると思うと、改めて凄さを感じました。