ブログネタ
試写会 に参加中!
6d7d8d61.jpgブラッド・ダイヤモンド 162本目
上映時間 2時間23分
監督 エドワード・ズウィック
出演 レオナルド・ディカプリオ ジェニファー・コネリー ジャイモン・フンスー マイケル・シーン
評価 9点(10点満点)
会場 厚生年金会館(試写会 143回目)


 アカデミー賞5部門にノミネートされた話題作。何より注目は、ゴールデングローブで「ディパーテッド」と共に主演男優部門でノミネートされたレオさまですね。あと何気に助演にノミネートしてるジェニファー・コネリーもです。


 これを見ると、そんなにダイヤに価値があるのか?って思いますね。完全男性意見ですが所詮装飾品であって、石油と比べると別になくても生活に困らないじゃないですか。全てのダイヤがブラッド・ダイヤモンドではないですが、そんなん一般人は分からんですよ。

 
 ダイヤを欲しがる彼女がいて困っている方は、この作品をいっぺん見せたほうがいいかも。もしかしたら考えなおすかも?しかし、アメリカも給料3ヶ月分なんですね。
ポッチットナ
 とりあえず現段階で今年のトップ作品です。今年のディカプリオ作品なら「ディパーテッド」を超えてますよ。作品賞のノミネート作品を全部は見てませんが、こっちのほうが相応しいと思いますが、やはりテーマですかねー。

 戦争がテーマの映画ではないのに、戦争映画以上の激しい銃撃戦でした。2時間半の時間も気になりませんでしたが、戦闘シーンはちょっと削って欲しかったですよ・・・。

 
 しかし、重い作品でした。最近映画を見て、アフリカに対する恐怖心が増大するばかりですよ。RUF怖すぎます。私としてはルワンダ虐殺より怖かったです。
 

 ルワンダ虐殺では対象が決まってましたが、RUFは無差別ですね。高級ホテルがあるような市街地で、普通にRPGぶっ放すわ、外国のメディアもお構いなしです。何より少年兵はもう・・・。


 あの温厚で簡単な嘘も拒むソロモンがきれるのも分かりますよ。あのシーンは強烈でした。レオとジャイモン・フンスーの演技はもちろんよかったです。