ブログネタ
ニューヨーク観光 に参加中!
4eb1cab1.jpg

 さーてきましたよ、現地3月9日の日曜日、ウィザーズVSニックスです!いざ、マジソン・スクエア・ガーデン(以下MSG)へ。道路を挟んでホテルの真向かいにあるので、徒歩で行けます。

 Hさんとは席が違うので別行動。どうやら、ジョーダンをより近く見る為にちょち席をグレードアップしたそうで。でもゲーム終了後に結構近くの席だったことが発覚・・・。いくらくらい奮発したんでしょうかね?


 MSGは歴史があってアメリカでは1番有名なアリーナじゃないでしょうか。ボクシングやプロレス等やっているので、NBAファン以外にもお馴染みです。

 大きなバッグは持ち込めないので、カメラ、望遠鏡を首に掛け、チケットと財布を持って入場。やはり厳重なチェックはありましたが問題なくスルー。当然っしょ!


 チケット切る人に、何故か髪型を「ナイスヘアー」と褒められて気分は上々。流石エンターテイメントの国、細かい所で気分を良くしてくれますね。

 さらに日曜のゲームということでブルーのニックスのキャップを頂きました!嬉しいんですが、どうも新品には見えず、フニャってます・・・。その後も2,3回しか被ってません。

コート
 エスカレーターで昇り、自分の席がある階へ。扉を開けると 何度もTVで見たMSGのコートが目の前に!入っただけで大興奮!うまく書き表せないんですけど、これは実際に入った人にしか分かりません!


 突っ立ってても邪魔になるので、取り合えず席を探す。ゴール裏側の席で、観戦には悪くない場所です。さすがちゃんとしたアリーナ、真ん中クラスの席でも良く見えますね。


 席を見つけましたが、開始時間はまだまだ。ちょっと速く来すぎました。当然じっと座っていられず、さっそくアリーナ見学です。

 まず、客席を一周。お次はコート付近に接近してみましたが、流石にコートサイド付近席にはやはりそのエリアのチケットを持っていないと無理でした。もしかしたらサインが貰えるかも!の夢はあっさり崩れました・・・。



 そうしているうちに選手がチラホラ登場してきたので、席に戻り早速撮影タイムです。ですが、ジョーダン用にフィルムを取っておく為、2,3枚程度に抑えました。



登場
 そして来ました!神降臨!ニックスのホームコートMSGは大歓声!!なんせ、このゲームはジョーダンがMSGでのラストゲーム!ジョーダンの出身はニューヨーク(正確にはブルックリン)ですし、ここMSGでは多くの活躍を見せているいわばシカゴに次ぐ第2のホームのようなもの。

 私は声も出ず立ち尽くし、全身鳥肌が立ちました。いや、もうこの時点で満足と言っても過言じゃないですよ。だって生ジョーダンですよ!!


 今回ばかりはニューヨーカーもニックスそっちのけです。まぁ、今シーズンあまり勝っていないのもありますが・・・。ジョーダンさん、前のゲームを欠場し、このゲームも低い確率ですが、欠場の恐れがありましたが、問題なく出場。よかった〜。

 そうそう、ニックスといえばあの人です。そう、スパイク・リー!やはり観戦に来てたようですが、肉眼で確認することはできませんでした。他に有名人はラッパーのネリーが来ていましたが。



国家斉唱
 国歌斉唱を終え、ティップイン。ひたすらジョーダンに夢中だったんで、正直ゲームの内容はそんなに覚えてないです。



結果


ジョーダン再登場

 ゲームは96-97と惜しくもウィザーズが敗れてしましましたが、一点差の好ゲーム!

 ですが、残り数秒1点差の時点で、ウィザーズがファウルゲームをしようとしたとき、ボール出しのであっさりロングパスを通されファウルすることもできずゲームオーバー・・・。ちょっと終わり方があっさりだったのが残念でした。
 

ジョーダンシュート1


ジョーダンシュート2
 気になるジョーダンの成績ですが、43分出場、39点、FG59%(13-22)、8リバウンド、1アシスト、3ターンオーバー。やはりジョーダンやってくれました!大活躍ですよ。ジョーダンの姿が見れただけでも興奮死寸前なんですが、39点の大爆発と大活躍の姿を見れたなんてサイコすぎるぅぅ―!感動もんです!
 
 もし、最後のファウルゲームが成功してたら、ジョーダンが同点、あるいは逆転ブザービーターを決めてくれたに違いありません、って成績ですよ。


ジョーダンFT

オークリー
 少し後味悪い終り方だったんですが、良しとしましょう。他に覚えているのは、ニックス側ではヒューストンが活躍して、スタックハウスが最悪だったこと。二桁得点にもいたらなかったスッタクが敗因です。画像はジョーダンとオークリーのFT。

スプリー1

スプリー2
 そうそう、私実はスプリーの大ファンなんですけど、流石にジョーダンの前ではあまり注目しませんでした。でも、しっかり何枚か写真は撮りましたよ。ジョーダンとのマッチアップでしたしね。ジョーダンを華麗に抜き去るシーンです。
 

ジョーダン店頭
 その夜TVのスポーツニュースを見ると、ジョーダンがルーズボールに突っ込んでく姿がリプレイに映ってました。ちなみに画像はそのシーンじゃないですけど、転倒してます。

 そのゲームの後のジョーダンが、チームメイトにやる気がないとかいう感じのコメントしてました。その時の記事がHOOPに載っていたので引用します。


 「40歳の男が、プレーオフに向けルーズボールに飛び込んだり、あごを床に打ちつけたりして、23〜25歳の男よりも勝利への欲望が強いなんてがっかりさ。わかいものが、マッチョでクールぶっているたけで、必要なことしかやらないバスケットをしているなんて、これじゃワシントンで何がを達成するのは難しいよ」


 また、最後のガーデンを勝利で飾れなかったことについて


 「パーフェクトなエンディングを期待しても、そうなるとは限らないものだな」
 

 確かに40歳のジョーダンが必死にルーズボールを取りに行くのに、全く覇気の見れない若手選手。これじゃプレイオフに出れるわけないよなー。



チケット
 でも、なんにせよ、大変満足のゲームでした。ゲーム終了後ももちろんスタンディングオベーションでジョーダンに拍手が送られました。





・旅行記4へ

・旅行記6へ


ポッチットナ