9de2c9f6.JPG 今更ですが、ようやくNBAオールスターを見ました。今年はちょっとNBAに関心が薄れてしまってますが、やはり楽しみであります。


 BSで観戦しましたが、ラテ覧を見てやたら放送時間が長いので、もしかしてサタデーも放送してくれるのか?と淡い期待をしました。

 蓋を開けたら「英語でしゃべらナイト」じゃないですか!ハリウッド俳優のインタビューがあったり、最近はNBA特集をやったりと好きな番組なんですけど・・・。


 まぁ正直な話、1時間前から放送枠とれたんなら、サタデーを放送しろって言いたいですよ。例年よりはハイライトは充実していたと思いますけど、シューティングスターのハイライトがないじゃないですか。ピペンが出場したというのになー。

 
 それとゲストもなー。さくらさん、五十嵐選手はそんなNBAには詳しくなかったですね。NBA基本用語のダウンタウンを知らなかったのには驚きました。


 今シーズンはNFLでも特集番組を組んだりと、結構スポーツに力を入れているようですが、方向が間違ってるように感じます。というか、初心者向けになってるんですかねー。
ポッチットナ
ハイライト

 プレイヤー紹介では、昨年スターターのダンスがあったので、期待しましたが、何もなくて少々がっかり。ラスベガスということで、もっとド派手なのを期待しましたが、例年とそんなに変わらなかったです。


 さて、ゲームはウエストの圧勝!!前半終了時点で大差がつきました。かなりのハイスコアだった為、ダンクのインフレが起こってました。終盤は普通のダンクじゃ盛り上がりませんね。

 やはりキッド、ナッシュ、アイバーソンと魅せるパスのできるPGの欠場が痛かったですね。PGでは、パーカー、ビラップス、アリーナスがいましたが、どちらかというとパスより得点能力に優れたタイプですからね。ダンク前の演出が大事ですよ。


 そんな中楽しませてくれたのは、やはりオールスター常連のシャックですね。今年はシューズをスロットマシーンにしたり、練習では華麗?なダンスを披露し、ゲームでもボールを運んで1on1したり、T−MACにキスしたり、本当エンターテイナーですよ。

 他の選手にも見習って欲しいものです。特にコービー。ウェイドとの真剣1on1は結構見応えありましたが、そんなマッチアップはシーズンゲームで見れますので、せっかくのオールスターなんだから、普段マッチアップしないプレイヤーとして欲しかったです。といってもイーストってSG、SFプレイヤーばっかりなんですけどねー。
 

 それと、最後にコービーコールがあったのにも関わらず、マリオンにパスして終わりってのいただけないですね。私としてはマリオンにMVPをとって欲しかったんですけど、最後は豪快にダンクで締めるべきだったと思います。まぁ、私がコービーヘイターだからこんなに不満がでるんですけどねー。


 
 さて他のイベントでは、ダンクコンテスト。これといった驚きのダンクはなかったです。ここ数年のコンテストは無名というか、若手ばかりでご存知ないプレイヤーばかりです。優勝したグリーンは初めて知る選手ですし、昨年のネイトと同じダンクをして優勝ってのもなんだかな〜。203のグリーンが175のネイトを越えてもねー。ネタ不足感はいなめないですね。これができれば優勝できると思いますが。





 最後に、我らがレジーさんのオールスター画像。映像で見られず残念・・・。

れじー1れじー2