ブログネタ
試写会 に参加中!
d0bd305d.jpgボビー 155本目
上映時間 2時間
監督 エミリオ・エステヴェス
出演 アンソニー・ホプキンズ シャロン・ストーン デミ・ムーア イライジャ・ウッド リンゼイ・ローハン ローレンス・フィッシュバーン
評価 5点(10点満点)
会場 一ツ橋ホール(試写会 140回目)


 「ナイトミュージアム」の後に見ました。試写会歴は長いですが、試写会2連発は初めてですかね。


 ロバート・F・ケネディが殺害された話なんですが、実は見る前まで、ジョンのほうだと思ってました。ジョンに弟がいて、兄弟そろって暗殺されたのは知っていましたが、それ以外は全く知りませんでした。

 
 当時の映像もあり、なかなかリアリティあります。ボビーがどれほど偉大な人か分かります。ただ、群像劇で豪華キャストなんですが、人が多い気が・・・。
ポッチットナ
 
 群像劇はあまり好きじゃないんで、少々評価は低いです。もっとボビーと深い関係の人ばかりだと思ってたんですけど、直接は無関係で様々な人々がでます。

 メキシコ人やアフロ・アメリカンの人にも支持されているので、ボビーの偉大さがよく分かります。暗殺されなければ、アメリカの歴史は確実に変わってますね。大袈裟かもしれませんが、イラク戦争なんかも起きなかったかも知れませよ。


 ただ、アメリカ大好きな私なんですが、歴史には疎いんです。決して世界史未履修とかじゃないですよ。単に、日本史専攻で世界史は1年しかやっていないんです。

 なので、当時の映像で大体どんな時代であったか分かるんですけど、イマイチどんな不安を抱えているか分かりません。ジョンのこともよく知りませんので、具体的な功績を教えて欲しかったです。
 
 あと、音楽が良かったです。曲名は知りませんが、なんとなく聞いたことがある曲で、当時の雰囲気を表すのにぴったりでした。 


 ボビー以外の撃たれた人は、全員助かって安心しました。演出なんでしょうけど、正直イライジャは即死してると思いましたよ、あれ。

 しかし、兄の名前がNYの空港に付けられたのに対し、弟はMLBのワシントン・ナショナルズの本拠地に名前が付けられてます。空港と野球場・・・、この差はなんなんですかね?