16857b7c.jpg 久しぶりのNBAゲーム観戦記です。そりゃーなんといっても、今シーズン初のペイサーズのゲームですからね!

 相変わらず5割台をうろついていて強いんだか、弱いんだかよく分からないペイサーズ。まぁ、今のところみなさん健康を保っているようなんで、それほど不安はないんですけど・・・、と思ったら、ジャーメインがインフルエンザで欠場って!!うーん残念。

 対するロケッツですが、今シーズン好調かと思えば、まずT-MACがケガ、さらにはヤオまでも重症と昨シーズンの二の舞になりそうな状態。

 と思ったら、このゲームからT-MACが復帰しちゃってました。いつ復帰か分からないとか聞いてましたが、ヤオのケガの後にすぐ復帰とは大丈夫なんでしょうか?

スターター
オルストン T-MAC バティエー ハワード ムトンボ
ティンズリー ジャクソン ウィリアムズ アル フォスター
ポッチットナ

ロケッツ  24 15 21 16 76
ペイサーズ 22 19 21 19 81

 せっかくのペイサーズ戦だったんですけど、ちょっと良くない内容でした。両チームともFGが30%台って・・・。しかもTO多すぎ。見ていてちょっとイラっときたりもしました。FTの名手アームストロングがFTを外したときはヒヤッとしました。

 そんな中、目をひいたプレイヤーはバストン。初めて聞く名前なんで、てっきりルーキーかと思ったら4年目なんですね。ダニーちゃんも今シーズンは二桁得点だし、F陣はかなりの戦力ですね。
 
 アルもジャーメイン不在の中、しっかりエースとして大事な場面で決めてきました。髪形も普通になってよかったです。

 ティンズリーは結構インサイドを攻めますね。なんだかマーク・ジャクソンを彷彿させるようでした。


 一方ロケッツですが、T−MACが19P ですが、全く切れがないですね。ペネトレイトでもTOを連発。恐らくケガが治りきっていないと思うんですけど、ヤオが6週間もいないと休んでいられないですね。

 あとムトンボが、ブロック後に指を振ってテクニカルとられてましたねー。ずいぶんまえにテクニカルとられて止めたと思ってましたが、懲りずにやってるんですねー。懐かしいです。誰かジョーダンみたいに、ムトンボの上からダンクして指を振って欲しいです。しかし、ムトンボはいつまで現役でいるんでしょうかね?