5d505a01.jpgUDON 135本目
上映時間 2時間14分
監督 本広克行
出演 ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香
評価 7点(10点満点)
会場 一ツ橋ホール(試写会 131回目)
 

 一ツ橋ホールでの試写会。なんと邦画4連続鑑賞だ。

 言うまでのなく、観賞後はうどんが食べたくなるので、見る前にウドン屋をリサーチはしとくように。観賞後、うどんを食べようと思ったが、どこのウドン屋も定休日・・・。

 仕方なくラーメン食ったよ。あっさりしたうどんを食べたかったのに、こってりの豚骨食ってしまったから、なんか余計美味しく感じなかった。いや、別に不味いラーメン屋じゃないですよ。

 
 「うどん」でどんなストーリーが展開できるのかと思ったけど、なかなか面白かった。自分で店を探すというアイデアは素晴らしい。実際やってみたいけど、ペーパードライバーだから、小西さん見たいな状態になってしまうよ。


 「踊る〜」のユースケさんも良いが、やはりコメディなユースケさんの方が良いですな。それにしてもトータス松本さんは、ユースケさんと雰囲気が似ていますな。


 ただ、ちょっと長すぎたかな。詰め込みすぎというか、親父さんの味を再現が出来た辺りで終わってもよかったかも。

 
 うどんは食べなくなるんだが、ちょっと食いすぎて少しうんざりする時もあった。香川の人は本当にあんなに毎日食べているんですかね?あと、値段が安い。本当に商売になってるのか心配。


 スピンオフで「キャプテンウドン」が映画化されたりしないよね?


 最後に言うと、私はどちらかと言えば蕎麦派です。