b18a1d1d.jpgデスノート 126本目
上映時間 2時間6分
監督 金子修介
出演 藤原竜也 松山ケンイチ 瀬戸朝香 香椎由宇 細川茂樹
評価 5点(10点満点)
会場 渋谷シネパレス


 こちとら小学生の頃から社会人になった現在でも、毎週ジャンプを買っているので当然大好きな作品。

 渋谷ロフト近くの映画館へ。大作映画の割には小規模な劇場だことで。席数が115で丁度購入した整理券番号は105。ギリギリ座れました。


 シブタクが凶悪犯になってる!!
 まぁ原作より面白くなることはないと思ったけど、やはりそんなところかと。前後編なんで、前編だけじゃ評価しきれないかな。でもそこそこ楽しめたとは思う。キャストも見た感じは原作に近いし、リュークのCGも許せるレベル。デスノートの説明もなかなかいいかな。


 藤原さんの月は良いとは思うし、好きな役者さんなんだけど、やはりなんというか無邪気さがあるというか。kuro果たしてこんな表情が出来るかどうか・・・。


 時間の都合上色々はしょってるけど、天才って感じが伝わってこないかな。普通に彼女と付き合っていて、月っぽくないな〜と思ったけど、最後の最後でやってくれました。黒ライト登場です。原作でもかなり身近な人間は書かなかったのに・・・。原作以上に黒いです。これは少し驚かされた。

 松山さんおLはなかなかいいですね。つかかなりの変貌っぷり。

 
 後編のキャストに清楚高田を片瀬那奈さん、出目川をマギーさんがやるそうで。レムの声は誰がやるのかな?一応メスらしいけど。清楚高田がどうゆう役割なのか後編ではちゃんと決着がつくのかなー。