27b278b9.jpgM:i:III 125本目
上映時間 2時間6分
監督 J・J・エイブラムス
出演 トム・クルーズ 、フィリップ・シーモア・ホフマン 、ヴィング・レイムス 、マギー・Q
評価 7点(10点満点)
会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ


映画の日鑑賞の2本目。ちゃんと1時間半のインターバルを空けてます。やはり映画を見るにもベストコンディションでないとね。

 もしかしたら、先行上映で映画を見るのは初かも。
 普通に面白かった。このシリーズ初、映画館で見るのだが、やはり迫力が違う。

 2ではバイクシーンがかっこよかったけど、今回のトムはとにかく自ら走る走る。しかも全力疾走で。フォレストガンプ並に。43とは思えないよ。でも、なんか重量感は増したように感じるけど。
やはり「宇宙戦争」みたいな一般キャラより、トムは何でも出来る役でないとね。


 バチカン進入の部分は凄い。これぞスパイ映画って感じで、見事な手際でミッションをこなす。変装シーンがいいね。
 実はあの仲間の誰かが死ぬんじゃないかと思ったけど、死なず終ってよかった。捕まった女性は死んじゃったけど。


 それにしてもラビット・フットは簡単に取れましたね。盗む過程はカットだけど、時間的にも速すぎな感じ。高価で大事ななものはずなのに、そんなに簡単でいいの?セキュリティ甘くね?つかラビット・フットってなんなのさー。
 
 そのフィリップ・シーモア・ホフマンもなかなか悪役っぷり。「カポーティ」が楽しみ。悪役といえばフィッシュバーンが「アサルト13」に続き悪役かと思ったら、結局味方でしたか。


 4とかあるのかなー。