15783230.jpg天使 80本目
上映時間 1時間57分
監督 宮坂まゆみ
出演 深田恭子 永瀬正敏 永作博美 内田朝陽 佐藤めぐみ
評価 6点(10点満点)
会場 一ツ橋ホール(試写会 101回目)


 すっかりお馴染みの漫画原作映画。少女マンガなんで全く知らなかったけど。

 
 今回の上映前にどこかの企業の宣伝があった。まずTV朝日の丸川アナが登場し、その企業の人が出てきてヒーターの宣伝。この寒さのおかげで株価が上昇してるんだって。興味ないのでジャンプ読んでたらヒーターを3名にプレゼントをするではないか!

 まぁ当たらなかったが、プレゼントがあるなら少しの宣伝もいいかな。タダで見させてもらってるし、それなりに宣伝効果はあると思う。


 奇跡は天使が起こす。
 なんだか最近見た「大停電の夜に」のような感じだった。「大停電の夜に」は好きなので楽しめたので、この作品もなかなかよかった。こういうハラハラドキドキのない、ほのぼのとして、ちょっと笑いのある日本映画は大好きだ。


 まぁこちらは天使という奇跡を起こすものが存在しているので、これはおかしいなどの突っ込みどころはない。見える人と見えない人がいるのも面白い。ラストも納得のオチ。


 しかし、フカキョン一言も喋らずですかー。それでも存在感は十分あり、ノラネコのような天使を見事に演じていた。正に天使そのもの美しさ。


 永瀬さんの子供役の子がとてもよかった。5歳なのに大人ぶったセリフをはいたかと思えば、ブドウを取ってきてと頼まれると「ヤダ」と子供っぽい。これから注目の子役だ。


 でも永瀬さんがシングルファザー役って・・・。


猫屋敷に行きたいです。
ポッチットナ