ブログネタ
カナダ に参加中!
2595aafb.JPG


 まずはアメリカ滝のすぐ横にそびえるビルのような展望台へ行く。

 ここは「霧の乙女号」乗り場でもあるが現在は休止中。なので本来入場に50セントかかるらしいが、入場ゲートはもぬけの空で、無料で入れる。エレベーターは動かず下には行けないからね、
 
 そしてここも風が強い。じっくり展望してらんねーです。

 つか、もっと滝を近くで見られるスポットがあるので、ここは別に行かなくてもいいかな。
展望台からの眺め


こっちのほうが近距離ですよ







ほらめっさ近い!ここも簡単にダイブできそうだ。しかし風が強いよ。





2595aafb.JPG


 ここはベンチに座りながら急流を眺められる。川の流れは台風で氾濫した川のよう。晴れて暖かかったら30分は眺めてられるかなー。





丁度あの橋を渡ったとこ。紅葉してます。


滝と滝にはさまれてるのがルナ島。展望台も見える。


 橋を渡りゴート島へ行く。なかなか紅葉がきれい。さっそくリスを発見。少し歩くとさっき滝を見ていた反対側に着く。



 さらにアメリカ滝とブライダルベール滝に挟まれているルナ島へ。左右に滝がある光景なんてなかなかない。ここからは滝の下がよく見える。


 
生存者発見!!


 すると今の時期はやっていないはずの「風の洞窟ツアー」の場所に人がいるではないか!!これは絶対行かねば!
 

 と、そこで外国人の子供連れ家族に写真を頼まれる。私は結構なぜか外国の方に頼まれる。なんで?撮るときなんて言っていいか分からないので「3,2,1」と言って撮る。そしてそのカメラを滝へ投げ捨てる!なんてことしたらGUNで撃たれるのでやめよう!!



 流石にずっと外にいて冷えてきたので近くのお土産屋でコーヒーを購入。セルフだからギリギリまで入れるよー。


 外のベンチで滝を見ながらコーヒーを飲み、小休止。体も温まり行動開始。すると何やら小さな建物に並ぶ人だかりを発見!もしやここが「風の洞窟ツアー」の入り口だと悟り並ぶ。少し待つと2台のエレベーターから人が出てきて、ガタイのいい女性の添乗員さんが出てくる。


 エレベーターに乗り込むと添乗員が「チケット、モッテマスカー?」てな事を聞き、初めて「これ金取んの?やべー、買ってねーよ。どないしよ・・・。」とかなりドキドキ状態。金はあるが、問題は聞かれたときどう言えば理解してもらえるか分からん。ピンチです。


 エレベーターが到着しチケットをチェックするのかと思ったらしなかった。だが帰りにチェックするのかもと思い安心してられない。日本人は私1人しかおらんし。


 
カナダ側から見た洞窟ツアー


大迫力!ルナ島にいる人もかすかに見える。







 このオフシーズンの「風の洞窟ツアー」は濡れないギリギリのとこまで行け、その先は封鎖されている。カナダ滝を下から見る「ジャーニ・ビハインド・ザ・フォールズ」は濡れるが、ここは全く濡れないので安心して撮影できる。ここもかなりの絶景。下から見るナイアガラもよい。添乗員さんも同行しているので写真も頼める。


 添乗員さんがエレベーターを動かすので時間は限られているが、十分堪能できる。帰りも結局チェックされることなかったが、バレたら強制送還とかされそうだからちゃんとチケット買った。


・旅行記6へ

・旅行記8へ


ポッチットナ