ブログネタ
カナダ に参加中!
a770804f.JPG


 朝は7時に起き、8時半頃ホテルを出立。とうとう本日世界3大滝の1つ、ナイアガラの滝を拝みに行く。


 だが、生憎の曇天。しかもホテルを出た瞬間小雨が!前日添乗員が「明日は夕立90%」と言ってたので、こっちの天気予報は当たるのか分からんが、とりあえずすぐ折畳傘を取りに戻る。


 2階なのですぐ取りに戻れたが、やんでいた・・・。後で分かったが、小雨ではなく滝の飛沫だったのだ!こんなとこまで飛んでくるとは・・・恐るべし。



 店などは大体9時オープンなのでホテル付近には人っ子一人いない。そんな状況はLAで慣れたので気にせず滝を目指す。それにしても流石カナダの早朝、寒い。

 
 人はいないが、車は少し走っている。カナダは日本と違って、車優先だそうで轢かれても車側が有利なそうだ。なので信号もなかなか青にならんし、渡りきる前に必ず点滅する早さ。私が普通に歩いても渡りきる前に点滅しやがる。まぁオフシーズンとのことなので、車は少ないので無視しまくりで横断しまくってた。
 

 「プラネットハリウッド」の前を通り(途中反対側の駐車場でリス発見!こんなとこにいるとは、すげー!)、フォールズ通りを進み、いよいよ川が見えてきた。
アメリカ滝


カナダ滝


 目の前にはアメリカ滝!!でかい!!前に北海道でオシンコシンの滝を「すげー」と思ってたが、これ見ちゃうと日本のどの滝もしょぼくなってしまう。さらにカナダ滝も見えるではないか!




丘に登った船


 最初に見た場所は「霧の乙女号」の乗り場付近だが、やっていません。船が丘に上がってるよ。店もあるよだが開いてない。ここも完全休止状態だ。


 けど、日本の滝みたいに自然の中というより、街の中(すぐ後ろにシェルトンホテルとカジノのタワーが見えるし)なのでマイナスイオンが出てなさそう。


 しかし、当然街中より寒い。特に風が強く、落ち葉となってる多くのカエデの葉がトルネードのような動きするし!その葉が頬を掠めて痛い!滝の音も凄いが音声を録音すると、風の音しかはいらん!

 とりあえず、カナダのハリケーンなので「スティーブ」と名付ける。(昨シーズンのNBAのMVP、スティーブ・ナッシュから。彼はカナダ人)


落ちそうになっても誰も来ないよ


 本日はレインボーブリッジを渡り、アメリカに行くのだが、まだ9時前とのこともありそのままテーブルロックを目指す。

 
 早朝なので滝を見れる川沿の道も人いない。ランニングしている人を2,3人見かけたが地元の人だろう。まさに独占状態!!オフシーズンだからこそなせる技!!この時期こそナイアガラに行くべきである!!




別視点からのアメリカ滝


 でも滝ギリギリまで近づける船「霧の乙女号」(ジム・キャリー主演の「ブルース・オールマイティ」にて登場)は休止してるし、バス「ピープルムーバー」も動いてねー。花時計やスパニッシュエアロカーに行くにはタクシーに乗るしかない。しかも日本みたいに流しタクシーなんてなく、ホテルに呼んでもらうしかない。やっぱシーズンオフはこんなもんか・・・。





・旅行記3へ

・旅行記5へ


ポッチットナ