ブログネタ
カナダ に参加中!
03fc4408.JPG


 今回の目的地はナイアガラ・フォールズです。そこはトロントから車で1時間半掛かるという。しかし、到着したのはトロントではなくバンクーバー。

 そう、乗継をせなあかんのですよ。乗継なんか日本ですらしたことないので不安MAX。

 事前にいろんなサイトで調べたり、JALで乗継の仕方の動画を何べんも見たりするが、なにせツアーといっても添乗員は同行しないし、一人だし、不安は解消されません。

 言っておきますが、「ワタシ、エイゴシャベレマセ〜ン。ヨー、メン。」大学も推薦なので単語力や文法力も乏しい。まぁヒアリングはメタル聞いたり、NBAを英語で聞いているからそれなりに自信あるけど、意思を伝えるのは厳しい・・・。
 

 今回5回目の海外だというのに一向に勉強する気がないんですよ。困ったものです。しかし、これまでの経験だと、観光地なんて食事以外は英語喋れなくても困ることないんですよね。しかも海外でうまいものを食おうなんてグルメ気質ないですから、日本からサプリメント持ってきて、ファーストフードで十分です。


 懐かしのバンクーバー国際空港に降り立ち、見覚えのある滝を発見。オフシーズンなので入国審査はそれほど待たず順番を迎えられました。


 そこは問題なく通過し、荷物も無事ゲットして、後は申告書を渡して出るだけなのだが、通過することが出来ませんでした。「フリーズ!」とは言われませんでしたよ。
 なんかイミグレーションってとこにGO!って言われてしまいました。乗継するから、それに必要な手続きかと思ったら違いました。後で調べたらそこは入国管理局らしいです。

 そこに入り、入国審査のときと同じような質問を受ける。しかし、質問の量が沢山あり、流石に英語力の限界がきました・・・。それに見かねて局の人が日本語を話せる人を呼び、通訳してもらうことになりました。


●うろ覚えの質問集
目的は?
日数は?
カナダのどこ行く?
カナダは何回目?
それは何年前?
なんで来た?(修学旅行を英語で言えず、ここで通訳が登場)
職業は?
大学の専攻は?
卒業いつ?
ホテルはとってあるか?
いくら持ってきた?(400カナダドルと言ったら、少ないみたいなこと言われました。カナダって物価高いんすか?)
クレジットカードは?

 と、以上の質問攻めを終え、どうやら問題なくカナダに入国できることになしました。

 入国審査のときも行くとこに知合いでもいるのか?って聞かれましたけど、ナイアガラにオフシーズンに来ることが怪しまれたんですかね?髭はやしてたから、テロリストにでも見たんですかね?生粋のジャパニーズなんですけどね。


 今度は止められることなく出口を抜け、いよいよ最大の心配事、乗継である。


 しかし、それはあっさり終了しちゃいました。スーツケースをベルトコンベアに乗せ、後は飛行機の時間を待つだけ!

 既に成田で乗り継ぎ用のチケットも入手できていたので、手続きも必要なく、荷物を預けるだけ。あっさり終わり拍子抜けしたが、一安心。乗継ちょろいね!


 実際は荷物預けるところに、どこのツアー会社か分からないが、日本人の方がいたので、その人に聞いたんですけどね。

 

 さてトロント行きの飛行機の時間は13:00。それまで4時間近く時間があるんですけど・・・。とりあえず空港内をウロウロする。外にも出てみるが空港の外に店があるわけもなく、なにより雨が降ってて寒いです。

キング・ジェームス、マニングVSブレイディ、ポラマル


 本屋を発見したので、そこで表紙に惹かれスポーツ雑誌「スポーツイラストレイテッド」とNBA雑誌「SLAM」を購入。この二冊は渋谷のブックファーストで買えるけど、やはり輸入ものということで高いです。でも、スポイラは近くの図書館に置いてあるんですけどね。


 NBAの記事なら少しは理解できるので、暇つぶしに購入。なんとスポイラにはレジー・ミラーのインタビューが載ってたのでラッキーでした。

 NBAグッズとかないかなー、と詮索するがバンクーバーにスポーツはNHLしかないですよね。5年前の修学旅行の時は、NBAのグリズリーズというチームがありましたが、いろいろありましてアメリカのメンフィスに移転してしまいました。だからグッズなんかあるわけねー。

 
 途中ブラピがエドウィンのCMで乗ってる、「セグウェイ」を見た。あれっても実用化されてたんですね。お土産に1つ欲しいです。

 
 そうこうしているうちに搭乗時刻が迫ってきたので、水とスナック菓子を購入して飛行機へ。国内線なのにパスポートチェックするんですね。日本じゃ必要ないのに。


 トロントまで4時間の空の旅。13:00発なので17:00着と思いきや、なんと3時間も時差があるので着くのは20:00!!横に広い国、恐るべし!NBAプレイヤーは大変ですね。まぁ、他のスポーツもだけど、NBAは2日連続の試合のときも同じ都市で試合をすることはないんで本当ハードスケジュールです。


 4時間なので映画を上映するが、国内線なので当然日本語放送なんてありません。英語とフランス語のみです。でも上映した「マスト・ラブ・ドッグス」はあまり私好みの映画ではなさそうなので全く残念ではありません。下旬からは「チャリチョコ」を上映するんだって。それは英語でもいいから見たかったな。


 4時間あるから食事出るかなと思ったけど、出ることはなくサンドウィッチを販売してた。こちとらスナック菓子で腹ごしらえです。

 5年前にバンクーバーからバンフへ行ったときは「やばいんじゃね?」と思うほど揺れたが、終始安定飛行。トロントの夜景がとてもキレイでした。

 
 国内線なので飛行機を降りても入国審査の必要なし。でも海外の空港だからないのが変な感じ。

 荷物もちゃんと出てきて、出口を出ると現地添乗員がいた。すでに何人かツアー参加者がいました。ご年配のカップルが多く、私のように一人参加はいない。別に寂しくないですよ・・・。

 夜なので高速道路はすいており、私たちを乗せたバスは120キロでナイアガラ・フォールズへ向かう。景色は高速だし、夜なので何も見えません。1時間半かけてホテルに到着。すでに22:30をまわっている。移動だけで、1日が終わってしまいました。


 あとは風呂に入り寝るだけ。ナイアガラって結構行くのに大変なんですね。
初日の夜にすぐ寝られるよう、飛行機では寝ないことにしてます。つか寝れないだけなんですけど。そのおかげで即行寝れました。



・旅行記1へ

・旅行記3へ


ポッチットナ