e635a91e.jpgTAKESHIS' 65本目
上映時間 1時間47分 
監督 北野武
出演 ビートたけし 京野ことみ 岸本加世子 大杉漣 寺島進
評価 3点(10点満点)
会場 国際フォーラム ホールC(試写会 91回目)

プレミアの様子はヤフー動画で

 国際フォーラムホールCでのプレミア。ここはシュレック2以来。

 フォーラムでの試写会はいつも昼頃に座席指定券に交換するのに、今回は4時半から。4時についたけど、全然並んでないなー。そりゃホールAのキャパと比べたら3分の1だから当然かな。

 今回は舞台挨拶があり、ビートたけし、岸本加世子、大杉漣そしてビートきよしが登場!!全員生で初めて見るが、やはりたけしさんは面白いね。しかし、まさかきよしさんまで出てくるとは!といってもツービート世代じゃないから、名前は知ってるけど顔とか分からないよ。今となってはかなり貴重なツーショットですね。コンビなのに。
 
 監督は「狂ってる」や「野グソ」だって言って笑かしてくれた。監督自身もなんかおかしい状況だったらしく、事務所から監視されバイクや車に乗るなといわれたそうな。
 
 ちゃんとじゃないけど生コマネチを見れたのは嬉しかった!!
 相変わらずの理解に苦しむ北野映画。戦争映画でもなく、任侠映画でもなにのにそれ以上に終始銃撃戦をというか一方的な虐殺というか。
 今までブラザーズ、ドールズ、座頭市を見たが、1番分けわかんね。1番好きなのはドールズ。菅野さんが出てるからです!

 最後のほうはスターのたけしはでてこないし。タップダンスのシーンは流石に眠気がきた。

 きよしさんはどこに出てるか本当分からなかった。そら顔知らんから仕方ないか。出演時間も短いし。


 まさか京野さんが濡れ場をやるとはねー。ゾマホンや松村さんと内山君のシーンはシュールで笑えた。

金払ってないけど、金返せ!(笑)
ポッチットナ