426666a5.jpg
 お次は展望台からも見えた名取湖。丁度現在、名取湖名物の珊瑚草が見られるのだ。しかしその珊瑚草がある場所が分からん。最初なんかSLがあったとこ行ったよ。
 
 そこからもう少し進むと駐車場があり、目の前の光景は赤一色。血じゃないよ。ようやく珊瑚草を発見!ちょっとパンフレットで見る場所と違い、水の上に生えているようで間近で見ることはできなかった。それでも十分綺麗だった。丁度時期にここ近辺に来たら行くべきだ。


 素晴らしい光景を見た後はサロマ湖を目指す。しかし到着した頃にはそろそろ日が沈もうとしていたところ。サロマ湖にも珊瑚草があるのだが、もう見たし他に特に目ぼしいものはない。相談の結果阿寒湖にあるアイヌコタンへ向かう。


 ご計画は大切に。
サロマ湖、車内から
 ちなみに1日目のホテルは屈斜路湖にあり、2日目は阿寒湖ほホテル。普通なら2日目に行けばいいと思うところ、その時点では何の疑問もなく、なぜかアイヌに執拗にこだわる友達の意見に飲まれてしまった。というわけでサロマ湖滞在時間は数分で終了。

 
 阿寒湖を目指す途中、ドライバーの恐れる赤い光るモノが見えた。そう、パトカーだ。法廷速度を守り走行していると、何故か止められた。するとそこには多くの学生がいた。どうやら全国交通安全運動の一環らしい。
 

 車を止めるとなんと折鶴の付いたお守りのようなものと玉葱をくれた。しかも5個。流石は北海道というのか・・・。しかし、一人暮らしのKも欲しがらない。5個は荷物になるし、少しありがた迷惑?じゃがいもなら嬉しいんですけどねー。
 実は違う場所ではジャガイモ、人参、カレールー、米と渡しカレーを作れるようになっている、なんて想像したり。
 
 それにしてもそれほど交通量のない道路でご苦労様ですな。


 この時期東京でも5時半過ぎにはすっかり暗くなる時期だが、北海道はその時間はすでに真っ暗。窓を開けてると寒いので閉めていたら曇ってきたよ。やっぱ寒いんだね、北海道って。

嘘予告、次回アイヌ一揆!
ポッチットナ