総合火力演習
 親父のコネ?で富士総合火力演習を見に行った。自衛隊の兵器の砲撃などを生で見られるのだ。火力演習というのを知って行ってみたいと思ってたが、場所が場所だけになかなか行く気が起きない。さらに抽選だし。御殿場の山のほうなんで10時からなので早起きせにゃならんのがつらいが、まぁバスで寝れるから問題ないすけど。

 行きの道路は順調に進み、約9時頃に到着。駐車場はP6という一番遠い所。そのためちょっとした山道を10分ほど歩くことに。天気はとりあえず快晴。つか暑いっす。
 
 
 ようやく会場が見えるとすでに多くの人だかりが。席は事前に確保してもらえてるので焦ることはない。すでに男性トイレまでも長蛇の列。


 会場入りするとすでに満員状態。そして目の前には広々とした野原。まだ戦車などは配置されておらず、砂塵がでないよう入念に水を撒いていた。席はDブロックのスタンド5段目当たり。まぁいい席といえるのでは?
 
 スタンドの前には地べたの席があるけど、花火会場の如くびっしり埋まってる。スタンド席より近くで見られるけど、まず地べたに座ってるのも嫌だし、段差ないから見づらいと思う。なによりトイレに行ったりするのが面倒だろう。一般で行く人は余程早くいかないとまともな席は確保できないなー。


001
 開始時間まで余裕があるので朝飯を食い、のんびりしてるが、相変わらず人の入りは絶えない。開始時刻が迫っているのに、今だ席を探す人が多くいる。でもすでに席は満員なのでどうしようもなく、結局売店からダンボールを貰い通路に座っていたり、スタンドの通路の席にも座る。ちょっとどころか、かなり余分に人呼んでんじゃん。

 3万人ほどいたそうだが、もっといたのではと思えるくらいのうんざりする人数がいたと思われる。
 

 その観客の顔ぶれだが、ほとんど年輩の方だらけ。女性の方もそうだけど、興味あんのかね?実は今回は予行演習であって自衛隊になんらか関係ある人の向けのだから仕方ないが。一般の軍事マニアさん向けは来週。でもやることは同じで本番通り行えるかという予行演習。違いは防衛庁長官が来る来ないかの差だから別にどっちでもいいね。



 山の天気は本当変わりやすい。広々とした空には大きな雲があり、日が出れば暑く、雲に隠れると傘をさすほどでない雨がポツリ降り、風邪が少し寒いくらいだ。雨が降ると1部中止されたりするので心配になるが、開始時刻には見事やんだのでよかった。


 だが、雲以外日差しを遮るものはないので日光当たりまくり!帽子は必須。日傘は後ろの人の視界を遮るのでさせない。女性は大変だ。大体3時間くらい日を浴びたので終了時刻に腕を見るとヤバイです。皮膚がレッドアリーマー並に赤くなってしまった!時計のあともクッキリ。案の定風呂が拷問です。日焼け止めもすべきです。


002

 さて演習だが、いきなり戦闘機の登場は悪天候により中止。残念。しかしそれ以外は予定通りに行われた。いや、凄い!軍事マニアじゃないからあれはなんとか装甲車だとか全く分らないけど、そんなのどうでもいいや。次々に様々な戦闘車両がやってきた山へミサイルなどを撃ち込む。命中すると「だんちゃーーーく!!」というのが面白い。


 
 的とどれくらい離れているか分らないが、発射してから命中するまで少し時間がかかる。つか弾が速くて見えない。ミサイルは大きいので辛うじて見えるかな。



003

 そして爆煙があがるど、「あそこか!」と分るが音はない。と思ったら遅れて爆音が響いた。遠いいとすぐに爆音が聞こえないんだなー。まるで一国堂の「あれ・・・。爆音が・・、送れて・・・、聞こえるよ。」だ。チュドーン!!!
 
006
 
 音といえば戦車!!発射音が凄い!!90式戦車は耳塞がないとヤバイんじゃないかってくらい超爆音!戦車は遠くにいる敵兵だけじゃなく近くにいる敵兵の耳も潰せるな!



 しかしこれ見ちゃうと、どんな戦争映画も迫力も敵わないね。そりゃ戦場の追い詰められた空気などは演習なんで感じられないけど、兵器の迫力は映画館がどんなに音響よくても本物の心臓に突き刺さる超爆音じゃないとリアルに感じられないなー。


007

 不満なのは破壊力が分らなかったこと。山とか的とかばっか撃ってるから、あれで重厚な戦車などの兵器にどれほどのダメージが与えられるかサッパリだ。出来れば戦車とか打ち込んで破壊シーンを見たかったけど、そんなの無理ですね。でもせめて車やプレハブ小屋に打ち込んでみたりして欲しかったな。

 途中煙幕を撃ったが本当なんも見えん。視界が真っ白になり戦車の完璧見えなくなった。



004

 そんな風に砲撃を楽しんでいるが、さらにリアルな体験をした。パラパラと「ワルキューレの騎行」をBGMに(嘘)ヘリコプターが登場。飛んだままそこからロープで降りたり、ロープに摑まったまま飛び去ったり、そこから機銃掃射するなど見応えあった。


 もうヘリ風の風圧が凄い。正しく言えば風圧は何か飛んでいくほどの威力もないが(でも間近だと吹っ飛ばされそうかも)、その風で飛んでくる砂がものっそい飛んでくる。もう「目が〜、目が〜。」とムスカ状態になってしまう。

まぁ眼鏡でなんとかガードできる。しかし、さらに大型へリ(車1台ぶら下げて来た)が来ると流石に耐えられない。目を完全ガードするグラサンも必須である。気付くと体も砂だらけ。


005

 しかも事前に水撒いたのでちょっと泥っぽくなってるから、白い服に汚れが染み付いてしもうた!!しかも口に入っててジャリってしちゃったよ。つか耳中が砂まみれー。 最後は戦車、ヘリ勢揃い一斉射撃。圧巻の一言。

 やはり男なら1度は見るべきだ。ミリタリーマニアじゃなくてもな!


008

 でも1回見れば充分かな。当分武器の性能の変わらんだろうし、あの混雑を考えるとなー。バスに戻るのに通常10分が1時間もかかったし、雨が降ってくる。

 つか毎年やってんのに自衛官は交通整理すらできんのか!混雑状態で傘もさせない。そして帰りは超渋滞。御殿場から東京なんて休憩入らんのに2回も休憩したよ。(高校のときの合宿先がいつも御殿場だった)


一斉クリック!!
ポッチットナ