入場券 開幕三日目の愛知万博に行ってまいりました。ゼミの合宿で名古屋くんだりまで来たわけで、万博はオプションなのだが、万博のほうがメインですよ。

 名古屋からリニモに乗れる万博八草駅まで38分。早朝7時代のJRは空いてますなー。リニモまで乗れる往復券1300円がお得。

 
 そしてリニモに搭乗。なんだか先に招待された人のレポみると、凄い混雑だそうだが、すんなり乗れた。満員だけど、東京のラッシュみたいに無理やり詰め込んだりしないから、この程度の混雑は余裕。乗り心地は、ゆりかもめやモノレール見たいな感じですな。2駅で会場入り口だから堪能できなかったけど。
駅リニモが見える
 









 8時半くらい到着。まず、事前に買ったチケットを引き換えなあかん。東京のコンビニで買ったチケットは引換券で、いちいち現地会場でICチップ(でも入場を駅みたいに改札を通すだけ。世界最小のチップを埋め込む意味は?)の埋め込まれたチケットと交換しなければならない。なんでそんなことするか意味不明。普通に入場券売れよ!
 
 
 どこで買えば入場券が手に入るかはOHPを見れ。愛知周辺のコンビニでは買えるそうな。あとは金券ショップにあるんでない?現地で当日券を当てにしないほうがいいよ。
駅を降りたらこの通り開場待ちー
 










 そしてさらにむかつくのが、交換が9時から。着いた時点で結構並んでたのに、9時まで交換する気無し。当日券も同様。開場は9時半なんだから先に済ませろよー。お役所仕事だ。
 
 17分に交換完了し、北口ゲートの長蛇の列に並ぶ。入場の際には厳しいチェックがある。事前にビニール袋が配られ、金属類はそこに入れろと。空港並みと予想されたけど、案外チェック甘かった
 

 飲食物持込禁止とか言われてるけど、手荷物のチェックは上のほうをちら見するので奥底に入れればばれない。やはり時間かかるからね。だから、手荷物の金属類も袋に入れる必要なし。面倒なのは空港みたいな金属チェックのゲート。案の定ベルトが反応したけど、問題なく軽いチェックでスルー。とにかく手荷物は最小限だ。

続く