今年見た新作映画は試写会42本、映画祭5本、自腹4本、飛行機4本。TVでもそれなりに見たけど。結構当たるもんですな。

 試写会は2月から数えるようにんりましたが、60本くらいは当選しました。マガジン、プレイボーイが結構お世話になってます。

 これほど映画を見たのは人生で1番。なのでランキングしてみましたが、なかなか難しいもんですね、順位をつけるのは。
良い映画ランキング2004

 1位 ディープ・ブルー
 2位 スクール・オブ・ロック
 3位 笑の大学
 4位 深呼吸の必要
 5位 シルミド
 6位 スパイダーマン2
 7位 ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
 8位 ハリーポッター アズカバンの囚人
 9位 ヴァン・ヘルシング
 10位 世界の中心で愛をさけぶ 
 次点 半落ち マッハ シュレック2
 
  どれも私的には面白かったので、ランキングといっても大差ないですよ。「ディープ・ブルー」珍しく自腹(もち1000円の日に)をして見ましたが、とても癒されます(眠ってしまうくらい)。
 
 「SOR」は飛行機内で見たので、すべて日本語だったのが残念でしたが、よかった。自分がロック好きだし。こんな音楽の先生がいれば今頃バンドやってます。「笑の大学」は見た映画で1番笑いました。「深呼吸の必要」もまた癒されます。ハラハラドキドキな展開はないですが、たまにはそんな映画もよいです。

 「シルミド」は韓流といったらこれです。ペなどのイケメンは皆無ですが純粋に良い男のストーリー。冬ソナよりこれ見ろ!「スパイダーマン2」は単純に面白い。続編が気になります。「LOTR」はさすがアカデミー賞ですが、私は2部が好き。

「ハリポタ」「ヴァンヘル」も普通に面白いですわ。エンターテイメントです。「セカチュー」は私が恋愛映画を見慣れてないから普通に感動してしまった。


 良くない映画は特に最悪ってものはないのでそれぞれに賞を与えます。あまりけなすのも好きではないので。でもどっかの映画評論家みたいになんでも褒めませんよ。


●全く話題にならなかったで賞 「フルタイムキラー」
 アンディ・ラウと反町の豪華競演ですが、興業ランキングにも入らず、いつやってたか分らなかったので、公開してないのか?と思った。

●消したい記憶賞 「ペイチェック 消された記憶」
 監督、ジョン・ウーの記憶から消してあげたいと思います。

●3部作でやれば面白いかも賞「キングアーサー」
 原作の大ファンだから・・・。全然違うって!

●どこでも大コケ賞 「アラモ」
 アメリカで大コケしたのに何故日本で公開するかな。案の定日本でも・・・。

●納得いかんで賞 「ゴジラ ファイナルウォーズ」
 これで最後は往年のゴジラファンは納得できません。 

●なんじゃこりゃ賞 「ゴッドディーバ」
 変なのがでるし意味不明でした。フランス映画は難しいです。

●SW見たいな3部作にはならないで賞「リディック」
 ディーゼルは好きなんだけどなー。


ぶっちゃけつまらないってことか!