ロンリートラベル NFL・NBA・映画・メタル好きの海外個人旅行記

普通の会社員の趣味ブログ。 海外旅行記(渡航回数24回)や、新作映画の感想(ネタバレあり)がメイン。 他アメフト、バスケ、ライブレポート(ヘヴィメタル)もたまに書きます。

ソニックス  22 20 28 24 94
ブレイザーズ 23 22 17 38 100


リドナー アレン ルイス エヴァンス ジェームス
スタウダマイヤー アンダーソン ラヒム ランドルフ ラトリフ

 予想外の絶好調さを誇る、ソニックスとそこそこの勝ち星を残してるブライザーズのゲーム。いやまさかソニックスがリーグ2位(12月1日時点)とは!しかも、ちゃんとペイサーズ、ウルブズという強豪にも勝ってるし。バリーが抜けてフォートソンを獲得したくらいで、戦力も大して変わってないはずなのに・・・。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

41e40d3c.jpgゴジラ FINAL WARS 18本目
上映時間 2時間5分
監督 北村龍平
出演 松岡昌宏 菊川怜 宝田明 ドン・フライ ケイン・コスギ
評価 4点(10点満点)
会場 厚生年金会館(試写会 54回目)


 完成披露試写会行って来ました。開映5分前に、何故か北欧のメタルバンド、EUROPEの代表曲「ファイナルカウントダウン」が!!ファイナルとかけてるのかい?

 上映終了後には、QUEENの「ウィーアーザチャンピオン」が流れるし。これは何の関係が???

 さて映画の感想ですが・・・続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

51e839e7.jpg パッカーズのファーブがレギュラーシーズン200ゲーム先発出場!12年休まずプレーしたことになるよ。凄いねー。今シーズン序盤調子よくなかったけど、現在はディビジョン首位!鉄人だ。

 あとイーグルスが早くもディビジョン優勝。強いな。そしてスティーラーズ、ペイトリオッツも1敗をキープ。

 NBAの現役で200ゲーム先発超えるのはKG、ペイトン、ボウエンだそうな。でも比べようないけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

9df55aac.jpgヒート   24 16 16 21 77
ピストンズ 18 24 20 16 78


ウェイド ジョーンズ バトラー ハスレム シャック
ビラップス ハミルトン プリンス マクダイス R・ウォレス

 怒畜生!残り2秒でヒートが逆転負けしたぁぁぁー。せっかくバトラーが値千金のFGを沈めたのに。ヒートは期待通りの勝ち星挙げているけど、このゲーム見る限り、まーだうまくまとまってないね。
 ヒートは外から打てるプレイヤーがいないね。だからショックがゴール下でファウルばっかされるんだよ。ショックアタックも1本しか見れなかったし。ウェイドが打てるらしいけど、相変わらずペネトレイトするし。EJが昔みたいに点とればなー。

 ピストンズは相変わらず苦戦してるわ。ペイサーズはまたも勝ちましたよ!でもミリチッチが見れたのはよかった。さすがヨーロッパだな。素早くスティールして、そのままダンク。あんな速い動きができるとは思ってなかった!ピストンズにいてはもったいない逸材だよ。ベンチにマクダイス、コールマンがいるから今シーズンも出番は見込めないでしょ。ペイサーズにくれば出番が・・・。

 あとなんでBSのNBAの解説はつまらないのか?島本さんがでるときは面白いけどさ。NFLのは面白いんだけどさ。今日の解説の人はレブロンの名前出てこなかったし・・・。しかもピストンズ贔屓。もっとプレイヤーについてのエピソードとか教えて欲しいね。だからいつも英語で聞いてるよー。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

7f805596.jpgゴジラVSへドラ 1971年
上映時間 1時間25分 監督 坂野義光
出演 山内明 木村俊恵 川瀬裕之

 伊集院光さんがお勧めのゴジラ映画。これはお勧めだね!主題歌から凄いよ。水銀、硫酸、カドミウム〜♪なんだこの歌?ものっそいストレートな歌だな。挿入歌にみ〜なごーろーしー♪って言葉も入るし。映画では流れなかったな。残念。

 映画は環境問題を取り上げてるけど、なんだかなー。へドラの通った後にいる人間は骨になっちまうんだよ。衝撃シーン!!富士山で人間が松明をへドラに投げつけるんだけど、みんな凄い強肩。普通に顔の辺りに届いてるし。イチローか!
 そしてゴジラ。空飛んじゃいかんよ。人間に協力的すぎるし。

 問題作だよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ロケッツ 25 23 29 19 96
キングス 27 23 24 28 102


ルー マグレイディ ジャクソン テイラー ヤオ
ビビー クリスティー ぺジャ ウェバー ミラー

 上位にいくと見られている両チームだけど、まだそれほどの成績は残していない。キングスはここ数試合調子を上げている。ディバッツが抜けたけど、ミラーがスタートで出られるし、バックにオスタータグがいるから、戦力は昨シーズンと変わらないね。開幕からメンバー揃ってるし。でも、ディバッツが抜けてぺジャがやる気なくしてたらしいけど、相変わらず確実なシュートですよ。ベンチからもジャクソンが大活躍。スターター全員二桁得点。バランスとれてるねー。

 ゲームはキングスペースに見えるけど、点差は全然離れない。ロケッツはマックとヤオの個人技でついてくる。FG%もキングスよりもよい。ルーも3をよく決める。まだチームプレイはできてないな〜。あと終盤のTOが敗因ですな。

 で、ペイサーズですが、ティンズリーが復帰して、ボストンに10点差で勝利!凄いよ。それにひきかえ、デトロイトはボブキャッツに負けるは、キャブス戦ではレブロンに43点取られて大敗するは情けないのー。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

847931e5.jpg この前起きた乱闘事件はNBA史上最悪だそうなので、乱闘の歴史を調べてみました。

 NBA初期の頃は乱闘に対して重い罰がなかった。70年代終わりに頻繁に乱闘が起き、78−79シーズンにやっとレフリーを3人制を導入し、乱闘に対する厳しい罰金が科せられました。

主な乱闘事件

 ・79年 当時、ジョーダンより前に神と呼ばれ最も品格のあったジャバーがK・ベンソンを殴り、ジャバーは手を骨折し20ゲーム欠場。5000ドル罰金だが出場停止にはならず。

 ・79年 その三日後、レイカーズのK・ワシントンがトムジャノビッチを殴って24ゲーム出場停止。

 ・83年 バードとドクターJが、バードのトラッシュトークが原因で乱闘。バードにそのゲーム退場処分と罰金。
 
 ・87年 ホークス、ペイサーズ計21人が乱闘により罰金。原因はD・ウィルキンスとC・パーソンの乱闘。乱闘を始めたパーソンに罰金。ウィルキン  スはなし。
 
 ・91年 ロドマンに次ぐ問題児、レイビアンとバークリーがゲーム中に喧
嘩。両者に当時最高の2万5000ドルの罰金。

 ・95年 キングス、M・スミスとペイサーズ、D・デイビスが殴り合う。両チームのベンチから選手がコートに流れ込む。NBAルールで乱闘などで メンバーがベンチから飛び出した場合は出場停止、罰金が科せられる。当事者二人に2ゲーム出場停止、罰金2万ドル。その他13人が1ゲーム出場停止、罰金2500ドル。

 ・97年 ヒート、PJブラウンがニックス、ウォードに下からぶつかられたため、ウォードをフロアにブン投げ乱闘開始。PJに2ゲーム出場停止、罰金1万ドル、ウォード1ゲーム出場停止、罰金6000ドル。他、ニックス主要4選手がベンチから飛び出したため、1ゲーム出場停止。そのためニックスはプレイオフ敗退。

 ・98年 前年と同じプレイオフで同じカード。ZOとLJが殴り合いの乱 闘。ZOに2ゲーム出場停止、罰金2万ドル。LJ2ゲーム、罰金1万ドル。今度はヒートが敗れる。必死に乱闘を止めようと、ZOの足にしがみつくバンガンディが印象に残る。

 あと今回の乱闘でアーティストをなだめてたミラーさんもあのジョーダンをぶん殴ってます!まだ探せばいろいろあると思います。でもやっぱ今回は史上最悪ですな


 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ