ロンリートラベル NFL・NBA・映画・メタル好きの海外個人旅行記

普通の会社員の趣味ブログ。 海外旅行記(渡航回数22回)や、新作映画の感想(ネタバレあり)がメイン。 他アメフト、バスケ、ライブレポート(ヘヴィメタル)もたまに書きます。

 15人のメンバーに残ったし、アイズリーも解雇。もう怪我しない限り心配いらないねー。本当凄いよ!来年見に行けたら行きたいなー。ジャパンゲームで来ないかなー
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

d3780c4e.jpgカンフーハッスル 13本目
上映時間 1時間40分 
監督・脚本・出演 チャウ・シンチー
評価 7点(10点満点)
会場 オーチャードホール

 今日は午前中インストール見たかったけど、チケットが完売・・・。せっかく早起きしたのに・・。しかも雨。午後まで渋谷で時間を潰さねば。


 今回の舞台挨拶はチャウ・シンチーのみ。監督もやってるしねー。つか、映画を見ると、出演者おっさんばっかだから来てもなー。
 

 しかし、今回は警戒が凄かった!前に見た、笑の大学、レディ・ジョーカーでは持ち物検査なんぞなくスルー。でも今回はありで、しかも空港でやる金属検査みたいなこともやった。なんか海賊版が問題とかなんとか詳しくは分からないけど、公開が来年だからかなー。でも普通に一般の人がカメラ撮ってたし。

 
 ありえねー、正にその通り。面白かった!アクション凄すぎ。まるでドラゴンボールですよ。ハリウッドじゃなくて、シンチーに映画化して欲しいね。マトリックスなんて目じゃないぜ!続きを読む

333e1c42.jpgレディ・ジョーカー 12本目
上映時間 2時間1分
監督 平山秀幸 原作 高村薫
出演 渡哲也 徳重聡 吉川晃司 大杉漣 吹越満 加藤晴彦 菅野美穂
評価 5点(10点満点)
会場 オーチャードホール

 1日で二回映画館で映画を見たのは初めてかな。まーどちらも寝ずに見れた。

 今回も舞台挨拶ありやした!渡さんだよ!っても全く渡さんの作品見たことがない!まぁでも渋いね。あと徳重さんね。これを気にブレイクしてほしいね。でも舞台挨拶は、なんか笑の大学よりしょぼかったな。トークも少ないし。  


 あとオーチャードホールは映画を見るに適してないと思う。せめてもう少しスクリーンを大きくして欲しいよ。続きを読む

f08d3d25.jpgブレイキング・ニュース 11本目
上映時間 1時間31分 
監督 ジョニー・トゥ
出演 ケリー・チャン リッチー・レン
評価 6点(10点満点)
会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

 
 ストーリー:強盗団と警察の大抗争を軸に、警察のメディア操作を痛烈に皮肉る作品。

 ケリー・チャンのファンなので見ました。やはり良かったです。今回はできる女を演じてました。以下ネタバレ。
 続きを読む

 毎週水曜日、女性は映画を1000円で見られるレディースデイってのがあるよね。当然男の俺には関係ないことよな。ズリーね。

 でもメンズデーっていうのもあった!!!全ての劇場ではないけどね!

 渋谷シネパレス
 有楽町シネカノン
 テアトル系列は全て毎週水曜1000円
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

笑の大学 10本目
上映時間 2時間1分
監督 星護 原作 三谷幸喜 
出演 役所広司 稲垣吾郎
評価 9点(10点満点)
会場 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7


 見ました、笑の大学。しかも国際映画祭!なので舞台挨拶付き!場所は六本木ヒルズ。よい映画館です。上記の方々全員来ました! だからなのか、見に来てるのは女性ばかり。俺は親父が映画祭に関係してるのでチケットが手に入るー♪ 
 

 やっぱみんな吾郎さん目当てだねー。少し三谷ファンも声援おくってたなー。 国際映画祭だから英語に通訳する方がいた。確かに観客に外人さんがいたけど、いちいち英語に訳されるから、話しずらそうだった。

 監督→三谷さん→役所さん→吾郎さんの順に挨拶。三谷さんは英語で挨拶!そして通訳はそれを日本語に訳す(笑)吾郎さんも英語で出身地を述べる。3丁目だそうです。
 
 映画はスゲーーー面白かった!笑いの連続。ぜひ映画館で見てみんなで笑おう。でも最後は感動よ!続きを読む

 ロスリスバーガーがいい!前にスティーラーズのゲーム見たときは名前のつづりが長い(Roethlisberger)人ってだけで、ルーキーとも知らんかった。
 でも今週のゲーム見て。その凄さが分かった。ファンになったよ。

 ニックネームはビッグベンだそうな。ベンって名前の人は、みんなビッグベンになるのか?NBAのピストンズにいる、ベン・ウォーレスもそう呼ばれてるしね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ